節約を長続きさせるのはストレスフリーがカギだった

節約をしているとなぜかストレスが溜まって長続きしない。そんな経験をしたことはありませんか。どうせやるならストレスを溜めずに長く続けていきたいですよね。ちょっとしたコツを知ることで、ストレスフリーな節約生活を送ることができるかもしれません。

ちょっとでも節約するために、使わないコンセントは全部抜く。少しでも電気代を減らすために実践している人はたくさんいますよね。でも、いちいちコンセントを抜くのは手間ですし、抜いたかどうか気にすることも非常にストレスが溜まります。節電効果が高いのならまだしも、残念ながら本当にわずかな節電効果しかありません。

また、食費を節約するためにスーパーをハシゴしていませんか。いらない労力と時間がかかる上、買い物の回数を増やすことで特売品などその時には必要のないものを買ってしまい、逆にお金を使うことになります。このようにたいした節約にはならないが、無駄な労力ばかりかかるものはストレスが溜まりやすいと言えます。

では、ストレスを溜めないようにするにはどうしたらよいでしょうか。光熱費を節約するためには、節電グッズを取り付けることで、ストレスなく節約することができます。契約方法や契約内容を見直すのも効果的です。食費などは、月々の予算を決め、予算内なら何にいくら使ってもOKというルールを作ることでストレスなく好きなものを買うことができます。また、お金を使いすぎてしまったときに家計簿に記入するのは嫌ですよね。そのストレスを考えると、家計簿をつけたからといってお金が戻ってくるわけではないので、思い切って家計簿をつけるのもやめてみるとよいかもしれません。

このように、節約を長続きさせるコツは、ストレスを減らすことがカギとなります。細かい節約をすることでどんどんストレスが溜まり、ストレス発散のためにご褒美と称して、無駄遣いや衝動買いをしていては本末転倒です。そうならないように、ストレスフリーで楽しい節約生活を送りましょう。ストレスを貯めると良くないですよね。そんなときはお金をつかって遊んでみましょう!お金を借りるにはオリックス銀行カードローンがおすすめです。