今日から実践できる!水道代の節約方法

水道代の節約は、電気代などの節約に比べて難しいと思っていませんか。水を出しっぱなしにしないなど、最低限気をつけるべきこと以外にも、水道代を節約できる方法はたくさんあるのです。どれも簡単にできることばかりなので、今日から実践していきましょう。

まず、家の中で一番水道代がかかる場所はどこだと思いますか。それは、意外にもトイレなのです。1回トイレを流すごとに約8?10?の水を使用し、その水道代は約3円前後かかる計算になります。トイレを使用するのにかかる水道代の節約方法としては、流すときに大小のレバーを使い分けることです。小は約6?、大は約8?と使用する水にかなり差があるので、いつも大のレバーで流しているという人はぜひ使い分けてみましょう。

次に水道代がかかるのは、お風呂です。一番手っ取り早いのは、シャワーヘッドを節水シャワーヘッドに交換することです。これだけで約50%もの節水効果が期待できます。他にもお風呂の残り湯を洗濯に使うのも水道代の節約になります。もし、お風呂の残り湯を使うことに抵抗がある場合は、洗いの時だけ残り湯を使うようにするなど工夫して使用してみるとよいでしょう。

食器などの洗い物をする際にも節水できるポイントがあります。基本的には、食器はため洗いにしましょう。桶などにつけておくことでこびりついた汚れも落ち、少ない水と洗剤で汚れを落とすことができます。お米のとぎ汁につけておくと、さらに油汚れなどが落ちやすくなります。また、食器洗い乾燥機を使うのも節水になります。なんと、手洗いする場合に比べて約10分の1の水の量で済むのです。水道代とともに時間も節約できるのでおすすめです。

また水道の元栓を少し締めてしまうと、出る水の量自体が減るので水道代を節約することができます。このように、本当に簡単な方法で水道代を節約することができるのです。今日から実践して、上手に水道代を節約しましょう。